アンモニアをはじめとする老廃物が血液の中に蓄積し、脳の機能が落ち込むと、肝硬変の合併症の一種である肝性脳症が発生します。
また、肝性脳症の意識障害が悪くなると肝性昏睡と呼ばれる状態になります。
この他、性格の変化や知能の低下などが認められます。
肝性脳症は1~5度の程度に分けられますが、個々の特徴は下記の通りとなります。
1度…軽度の障害のため分かりにくい。昼夜逆転をはじめとする症状が起こる。
2度…判断力が落ち込む。人や場所を誤るなどの問題が起こる。
3度…錯乱状態や混迷を招く。
4・5度…意識を失う。
予防としては、普段から便秘にならないようにしたり、風邪をはじめとする感染症が引き金になるので、手洗いやうがいを徹底したり、タンパク質を過度に摂らないようにする必要があります。
また、事前に脳症の合併が予測される肝硬変の人に対しては、高アンモニア血症の誘因の回避、特殊組成アミノ酸製剤の服用などの予防的治療が行われます。
脳症を引き起こした肝硬変の患者に対しては、脳症から覚醒させることを目的とした治療が採用されます。
高アンモニア血症の対策がメインになりますが、まずは便秘、高タンパク食、消化管出血、低カリウム血症によるアルカローシス、向精神薬などの誘引を排除することが重要となります。
それから浣腸や下剤により便秘にならないようにしたり、非吸収性の抗生剤、合成二糖類の使用、分岐鎖アミノ酸を中心とした特殊組成アミノ酸製剤を使用するなどし、治療を施す形になります。
肝臓ガン闘病記